LABO!

森を開拓するのだ(思いついちゃった編)

森を開拓するのだ(思いついちゃった編)

WOOD STOCK YARDの活動をはじめるにあたって大切にしたいなと思っていたのは、「ただ未活用の木材をオンライン販売する」ことにならないこと。

未活用材はもちろん一般に流通している木材よりはリーズナブルなことが多い。でも安いから買いたい、使いたいという動機だけをめがけて活動したいなとはどうしても思えなかった。

それに未活用材にはクセがあることが多い。
安いから使おうという気持ちだと「安かろう、悪かろう」という気持ちになってしまいそうで、それが嫌なのもあると思う。

僕たちが未活用材に可能性を感じたのは、本来はものすごく価値がある木材なのに、規格から外れているからとか、短かすぎるからとか(それでも1,800mmとかあったりする)、ちょっと反っているからとか、ある意味過剰とも思える品質基準から外れてしまったり、単純に使う人たち(おもに建築業界)に情報が届いていないこの現状において、未活用材に光をあてることで、「ものを自分でつくってみたい」とか「ほんとは家にもっと木をつかってみたい」というDIY好き・建築好きの個人や、「ほんとは木をつかった提案をしたいけど規格材をつかうとありきたりになってしまうし、そのわりに予算も膨らむしなぁ」などと悩んでいる建築家の方々にとって、新しい選択肢になるだけでなく、クリエイティビティが刺激されて想像がむくむくと拡がってゆくのではないかと思ったからなのだ。


僕自身もそうだった。
未活用材に出会ったことで、どんどんDIYにのめりこんでいったし、未活用材の活用を考える中で建築家や、建築関係の方々との出会いもたくさんあった。

なかでも一番大きかったのは、「木を使ってものをつくることのハードルが極端に下がった」ことだと思う。

例えば都市部に住む人にとって、木でなにかをつくりたいと思ったときの心理的・物理的障壁はかなりのものだと思う。
大都市部ではホームセンターはなかなかないし、たとえあったとしても入手できる樹種や形状は非常に限定される。
頑張っていろいろ探してきたとしても、高い木材だと加工も失敗できない。
でもこちらはほとんど木材加工を経験したことのない素人、最初からうまくいくはずもない・・・。

僕自身も東京に住んでいたころは立米単価100万円を超えるような値段で木材を買って、いかにも頼りない道具と技術でものをつくりはじめては、うまくいかずストレスを溜めていたように思う。

なんだかまわりくどい言い方になってしまった・・・。
ようは僕自身、未活用材に出会ったことで木でものをつくることが楽しくて仕方がなくなったのだ。
そして、未活用材を知り合いの建築家何人かに紹介してみたところ、とても喜んでくれただけでなく、建築家ならではの視点で新たな使い途を見出してくれた。

未活用材の使い途を考えることは、厳しいビジネス環境やウッドショックにあえぐ木材屋さんにとっても想像をうわまわるくらい良い影響を与える可能性があるし、ひいては環境問題の解決の一助にもつながるかもしれない。

そんな可能性に加えて、なによりも僕がやりがいを感じているのは、誰もがクリエイターになれる可能性をひろげてくれるのが未活用材だとより多くの人に知ってもらうことだ。

未活用材には実験的な使い方を受け入れる包容力があると僕は思っている。
そう考えたときに、未活用の木材の活かし方を実験するための場所がほしいと思った。
机上でああだこうだとあるべき論を述べていても未活用の木材は一向に減らないし、自分たちがそもそも活用していないものを人に活用してもらうだけというのも違うと思った。
もう少し言うと、「活用の仕方を提案する」というのも、なんだか少し違うとも感じている。

未活用材が持つ包容力というか、クリエイティビティを刺激する感じを、いま現在いちばん感じているのはたぶん自分たちで(思い込みだけど)、そんな自分たちが未活用材に踊らされて、ものづくりがどんどんエスカレートしていくさまを紹介するなかで、「自分もやってみたい」と感じてくれた人に未活用材を使ってもらえればと思ったのだ。

それともうひとつ。僕は建築家と一緒に未活用材の使い途を実験したいと思った。
そもそもなぜ未活用材が発生するかというと、最初に少し触れたように、いわゆるちょっとした不具合(反り、曲がり、節抜け、割れなど)もあるが、それに加えて規格の問題もある。

欧米規格だと2x4(ツーバイフォー:38mmx89mm)や2x6(ツーバイシックス:38mmx140mm)という断面サイズであることが求められるし、日本だと三寸角(90mmx90mm)や四寸角(120mmx120mm)などといった断面積でなければならない。

ここから1mmでも太かったり、細かったりすると、「規格外」となってしまい、途端に売れなくなってしまうのだ。太い場合はまわりを削ればよいのでまだ活かしようがあるが、細い場合はどうしようもない。

それともうひとつ。建築現場は3mもしくは4mの材を好む。
もちろんそれが効率がよいからという理由はあるのだが、それによって3mより短い材や、4mよりも長い材というのは極端に嫌われる。というか、ほとんど見向きもされない。

だから1200mmなんていう素人感覚としては長い材がストックヤードに積み上がっていたりするし、6mだと売れないからという理由で4mに材が切り落とされ、残った2mほどの材がこれまたお蔵入りしていたりするのだ。

こういったことは、建築・建設が産業化されていくなかではやむを得ない事情だし、全体としては確かに生産性は上がっていると思う。
ただ、こういった効率化の波からはじき出されたものは、ほとんどの場合未活用材としてデッドストックになってしまっている。

では、こういう材は価値がないのかというと、全くそんなことはない。
ためしに知り合いの建築家に紹介してみたところ、見事なまでに未活用材を建材として使いこなしてくれている。
この「建材として」がとても大切だと感じている。

元々は建材として生産された木材。違う用途を見つけてゆくことももちろん大事だが、できうることならやっぱり建材として使ってもらいたい。
僕個人の問題意識は、本来価値あるはずの建材が、価値のないものとされていること、見向きもされない状態であるということの理不尽さにあるのだと思う。

そしてその理不尽を飲み込んでいるのは木材会社だ。
木材会社は、規格外になってしまうもの、不具合があって二等材とされてしまっている材も含めて木材を仕入れている。もちろん仕入れ単価は同じだ。
その分普段売っている材に値段を上乗せすればいいじゃないかと思うかもしれないが、全てを吸収できるわけではない。相場というものがそれを許してくれないからだ。
未活用材は木材会社の収益を圧迫しつづけている。

規格外やちょっとした不具合のある材は「建材じゃない」と言われる理不尽を、収益を削りながら受け入れざるをえない木材会社にとって、「違う用途もあるよ」という声は解のようでいて、解ではないように僕には思える。
なんか理不尽が解決していないように感じるのだ。
でも建築家ならその理不尽にひとつの解決策を出せるかもしれない。

未活用の木材に建材とは違う用途を見出すのではなく、建材として使い尽くす道を示してくれるのではないか。
すでにいくつかの物件において、建築家による未活用材の活用は始まっている。
しかし、活用された物件は全国に散らばっているうえに、個人の住宅だったりもするので、なかなか直接目にすることができない。

ただ使われていくだけでなく、使われた様子をきちんと見られるようにしたい・・・。
と、そんなわけで建築家と一緒に未活用材を使った小さな建築物をつくったり、自分たちが未活用材をつかったものづくりをできる場所が必要だと思ったのだ。

そこで自分が住む軽井沢の近くで、建築家と一緒に小屋をいくつも建てられるような、そしてある程度の木材をストックできる場所を探すことにしたのである。
まさかこんなにワクワクするような展開が待っているとは思わなかったけれど。
(やっと森の開拓の話に入れる・・・と思ったけど「森との出会い編」につづく)

一覧へ